大阪市借地権 売買できない 建物編

Pocket

大阪市借地権の売買ができない件について。
建物編をお伝えしたいと思います。

売主様買主様で商談がまとまり、さていよいよ借地権売買に。
そんな状況にあっても建物の関係でそのままでは譲渡承認が下りない場合もあるので
注意が必要です。

それは、建物が新築され、その内容で大阪市と賃貸借契約を
結ばれていることがほとんどです。

中には、建てた後に増築されている建物もあります。
この場合、大阪市の方でその増築を把握し、契約書を結び直していれば
いいのですが、そうでなければ譲渡承認が下りません。

まずは、その増築部分を加えた新たな賃貸借契約の結び直しから
スタートです。

その際に問題になるのが、契約書の結び直しだけでは終わらないことです。

増築であっても、建物を建て替えたと見なされて
建物建て替え承諾料を納付しないと譲渡承認が下りません。

売主様は、建物謄本と評価証明書、現場確認、そして
大阪市との賃貸借契約の内容を確認したほうがいいと思います。

何なりとご相談ください。

TEL 06-6571-0338

 

Pocket