大阪市借地権 売買

Pocket

大阪市借地権の売買についてお伝えします。

そもそも借地権って売買ができるの?
そんな相談を受けることがあります。

 

結論から言えば、「YES」です。
大阪市借地権は売買できるんです。
(もちろん条件があります)

 

どんな取引になるのか?

 

今回は初回なので簡単に説明します。
(※次回以降に詳細説明します)

 

大阪市の土地上に、建物が存在していると思います。

まず、大阪市から「地上物件譲渡承認申請」を行います。
大阪市から承認が下りた後に「借地権売買契約」を行います。

 

売主様と買主様で売買取引を行い「建物の所有権移転登記」を行います。
(※建物が未登記の場合、市税事務所で固定資産台帳の名義の変更手続きが必要になります)

 

買主名義の建物謄本が出来上がった後に
賃借人の名義変更を行うために申請書類と必要書類の提出。
同時に名義変更承諾料や契約保証金の納付で完了になります。

 

後日、新賃借人名義の契約書が出来上がります。

 

大阪市から底地の買取もできるので
他の機会にお伝えできればと思います。

 

Pocket