大阪市借地権 借地人名義変更手続き

Pocket

賃借人名義変更

大阪市の借地権売買における買主(新賃借人)の名義変更手続きについて。

地上物件譲渡承認申請を行い、譲渡承認の許可を得ると、建物(借地権付)の売買契約となります。
新所有者での建物登記が完了した後に、賃借人名義変更手続きを行います。

そこでのポイントを上げると・・・・

 

①新賃借人が法人である場合、連帯保証人は法人の代表者が個人という立場でなれない。

②連帯保証人の資格証明として「大阪市または近隣市町村の居住し、適正賃料の5年相当額以上の固定資産や年間所得があること。
※つまり、所得がなく固定資産をお持ちでない方は連帯保証人になれない

③提出する公的書類(住民票・印鑑証明書等)は有効期限が3ヶ月以内のもの
※譲渡承認の申請に提出する印鑑証明書を賃借人名義変更に利用することも可能。

売主・買主の印鑑証明書を1通で済ませるために、譲渡承認申請から名義変更手続きを3ヶ月
以内にする。

また、新賃借人には、契約保証金(賃料の6ヶ月以上)が必要になり、
譲渡承認の承諾料が売主(旧賃借人=売主)にかかってくることもお忘れなく。

大阪市借地権売買のエキスパート「三誠商会」に何なりとご相談ください。

Pocket