大阪市借地権売買 できない 相続編

Pocket

大阪市借地権で売買できない場合について。
少しでもお役に立てる情報をお伝えします。

前回、お伝えしました大阪市借地権売買。
売買は可能だと書きました。

しかし、そのままでは売買できないこともあるので
注意が必要です。

相続登記が終わっていない。
被相続人が亡くなって、大阪市との賃貸借契約がそのままになっている。
建物登記も被相続人のままである。
こんな場合は「地上部件譲渡承認申請」ができないので
そのまま売買できません。

まずは相続登記からスタートになります。
建物の相続登記をしつつ
並行して、大阪市との賃貸借契約の結び直しも行います。
(※相続登記の所有者と賃貸借契約の賃借人が同一であること)

これによってはじめて売買ができる条件になります。

 

大阪市借地権の売却等何なりとご相談ください。

Pocket